2



Artist:
Tokio Hasegawa

Title:
Stone Music

Format:
Vinyl LP (+DL Card)

Edition:
300 copies

Release:
October 15, 2021

_


BUY | ご購入はこちらより




_


Stockist:
ART INTO LIFE | 栃木
EM RECORDS | 大阪
FILE-UNDER | 愛知
KITASHOTEN | 新潟
MEDITATIONS | 京都
NEWTONE RECORDS | 大阪
OMEGA POINT | 東京
PIANOLA RECORDS | 東京
SHABBY SIC POETRY | 新潟
SHE YE,YE | 新潟
TOBIRA RECORDS | 兵庫

AN'ARCHIVES | FR
AUTMN RECORDS | US
COMMEND | US
SOUNDOHM | IT

AMAZON.CO.JP
DISK UNION
HMV
TOWER RECORDS

_



Media:
AVYSS
UROROS


_

タージ・マハル旅行団での「旅」を終え、宇宙の森に暮らす長谷川時夫が辿り着いた前人未到のコスモロジー・ミュージック。

1970年代に小杉武久らと共に国内外で前衛的な演奏活動を行った伝説的グループ、タージ・マハル旅行団。その一員であり、活動後は新潟・十日町の山奥に佇み、美しい月と雪深い大自然と呼応しながら感性を研ぎ澄ましてきた音楽家、長谷川時夫による初のソロ・アルバム。ルバーブの弾き語りと和太鼓、笛、鍵盤、バイオリン、非楽器、電子音、そして舞踏含むあらゆる行為とが共鳴し合いながら一大絵巻を描き、彼の重要な作品/表現のひとつである「石のパフォーマンス」が執り行われたインド・台湾・新潟の3公演の記録を音盤化。盟友でありタージ・マハル旅行団を共にした永井清治との45年振りの歴史的演奏となった最新音源もここに完全収録。

+ 初版300部
+ 作品解説文:川崎弘二(電子音楽研究)
+ カバー写真:吉原悠博(吉原写真館)


曲目:
01 ストーン・ミュージック・アット・マニプール・サンガイ・フェスティバル・イン・インディア(2019)
02 ストーン・ミュージック・アット・ショウ・カイセキ・メモリアル・ホール・イン・タイワン(2018)
03 ストーン・ミュージック・アット・リュートピア・ニイガタ・シティ・パフォーミング・アーツ・センター・イン・ジャパン(2021)


英訳:山田直子/整音:福島諭/写真1、3:西村仁美/写真2:ジン/アート・ディレクション、デザイン、写真4:星野真人

_


Unprecedented cosmology music arrived by Tokio Hasegawa, who lives in the forest of space after completing the "journey" with the Taj Mahal Travelers.

The Taj Mahal Travelers, a legendary group that performed avant-garde improvisations across the world with Takehisa Kosugi and others in the 1970s. The first solo album by Tokio Hasegawa, a musician who has been a member of the group and has lived in the mountains of Tokamachi, Niigata after group activities, and has sharpened his sensibility in response to the beautiful moon and the snowy nature. All acts including Japanese drums, flutes, keyboards, violins, non-instruments, electronic sounds, and butoh that resonate with his singing and playing a rubab. A record of three performances in India, Taiwan, and Niigata, where one of his important works / expressions, "Stone Performance," was performed, drawing a big soundscape like a universe. The latest record, which was the first historical performance in 45 years with Seiji Nagai, who was an ally and Taj Mahal Travelers, is also completely recorded here.

+ 1st Edition of 300
+ Liner Notes by Koji Kawasaki (Scholar of Electronic Music)
+ Cover Photo by Yukihiro Yoshihara (Yoshihara Photo Studio)


Tracklisting:
01 Stone Music at Manipur Sangai Festival in India (2019)
02 Stone Music at Chiang Kai-shek Memorial Hall in Taiwan (2018)
03 Stone Music at Ryutopia Niigata City Performing Arts Center in Japan (2021)


English Translation by Naoko Yamada
Sound Treatment by Satoshi Fukushima
Photo 1 & 3 by Hitomi Nishimura
Photo 2 by Jinn
Art Direction, Design & Photo 4 by Masato Hoshino









TOKIO HASEGAWA (Niigata, JP)


長谷川時夫 | 1948年東京下町生まれ。1969年に今なお伝説的な存在として語り継がれている即興演奏グループ、タージ・マハル旅行団を小杉武久らと結成し、前衛的かつ国際的な演奏活動を行い、その後は新潟・十日町の雪深い大自然と対峙しながら感性を深めてきた音楽家、長谷川時夫。明治開国以来、失った日本の宇宙観というものを基本に据えながら世界標準の芸術文化を創造する活動を続けている。奥深い地域(日本古来の文化が残る)の森から中央、世界にメッセージを送り続けている。冬に4mほど積もる雪の森は逆に活動領域を拡大 した。子供とのフリー・スクール(雪屋根の月見)、絵本 (宇宙の森の物語)、新しい禅問答(仙人テスト)、開発の代替えとしてミティラー美術館創設。日印の国家催事の主要な活動。インド国外最大規模のインド・フェスティバル、ナマステ・インディア。インド政府派遣舞踊・音楽グループの、北は利尻から沖縄与那国までの数え切れないほどの国内全国公演の実現。多様な国際交流活動、全ての活動に自然、宇宙との深いコミュニケーションの大切さを社会に表現している。長谷川の生活は芸術のようであり、或いは芸術が生活となっているようだ。 芸術という概念が日本に来る以前にいるように感じさせるが、それでいて、その稀有な活動は世界の最先端を常に歩んでいる。


links:
TOKIO HASEGAWA
MITHILA MUSEUM